top of page

3月12日(火)

|

Web(ZOOM)にて開催

内部者による企業情報持ち出し対策のポイント

サイバーセキュリティの専門家である講師が、法律及び技術の双方の観点から、近時の情報持出し事案を分析のうえ、より効果的な情報持出し対策をご案内致します。

内部者による企業情報持ち出し対策のポイント
内部者による企業情報持ち出し対策のポイント

日時・場所

2024年3月12日 13:00 – 14:00

Web(ZOOM)にて開催

開催概要

※ 定員になり次第、受付を終了します。お早めにお申込みください。

【共催】

株式会社東京海上日動パートナーズTOKIO、株式会社セントリーディング

【時間】

WEBセミナーログイン:12:50~

WEBセミナー(講演):13:00-14:00

【定員】

40名(事前登録制)

【参加料】

無料

【対象】

法務、情報セキュリティ・システム、監査、法務、内部監査部門等の方々

【講演内容】

内部者による企業情報持ち出し対策のポイント

内部者による企業情報の持ち出し事案が増加しています。その背景には、不正競争防止法や機密保持契約による従来型の取り組みに加えて、情報システム及びセキュリティ機器の効果的な活用があります。サイバーセキュリティの専門家である講師が、法律及び技術の双方の観点から、近時の情報持出し事案を分析のうえ、より効果的な情報持出し対策をご案内致します。

  1. 近年の秘密情報の持ち出し事例
  2. 関係する法規制
  3. 秘密情報の持ち出しの責任追及が相次ぐ理由
  4. 秘密情報の持ち出し対策

(講師)八雲法律事務所 弁護士 山岡裕明 氏 

University of California, Berkeley, School of Information修了(Master of Information and Cybersecurity(修士))。内閣サイバーセキュリティセンター タスクフォース構成員(2019年~2020年、2021年~2022年)。サイバーセキュリティ協議会運営委員会「サイバー攻撃被害に係る情報の共有・公表ガイダンス検討会」検討委員(2022年)。企業のサイバーインシデントレスポンスを専門とする。

八雲法律事務所URL:https://www.ykm-law.jp/

【備考】

※本セミナーは、講演資料の配布はございません。

※本セミナーは、ZOOMミーティング機能で配信致します。セミナー開催日の前日にアクセスURLをご連絡致します。

※講師・共催企業と同業の方はご参加をお断りする場合がございます。

※講演内容は予告なく変更になる可能性がございます。

【お問い合わせ】

株式会社東京海上日動パートナーズTOKIO

担当/高橋、尾頭

TNP_TOKIO_HOUJIN@tnpgrp.jp / 03-6826-8421

【個人情報の取り扱いについて】

お申込み頂きました個人情報につきましては、当セミナーの運営及び共催企業、セミナー講師が所属する企業が開催する各種イベント、セミナー、勉強会や商品等各種のご案内に利用させていただくことがあります。

ご入力頂いた情報に関する共催企業及びセミナー講師への開示・訂正・削除・その他は各社にお問い合わせください。

※個人情報の取扱いにつきましては、以下の 各社ホームページ掲載の個人情報保護方針に基づき適正に管理いたします。

(個人情報保護方針)

株式会社東京海上日動パートナーズTOKIO

株式会社セントリーディング

八雲法律事務所

このイベントをシェア

bottom of page